ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SPONSORED LINKS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

僧のゆく先

修行した日、しなかった日。
<< 其百十三想 『探してた』 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第百十四想 『背中』
夢を見た。

歩くようになった息子が隣の部屋に見える。
「そっちは危ないよ」と言いながらも追いつくことができない。
もどかしいまま目が覚めた。

実際どんどん歩けるようになって、油断も隙もなくなっていて
廊下をこっちもよちよちしながら追いかけている。

いつか本当に追いつけなくなる。
そういう日を望んでいる。
| - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ascent-s.jugem.jp/trackback/133
トラックバック